下落が続いている仮想通貨で、NEMも例外ではなく大きくその価値を下げていっています。
私も、少額ですが投資をしており、現在マイナスで保有をしています。。。

いま何故NEMを推すのか?

この夏にバージョンアップする事が決まっており、それもビットコインのスケーラビリティ問題を一気に解決する内容になっていることです。その名も

カタパルト

なんだか、早そうな名前ですねw
そのカタパルトの搭載でどれだけ早くなるのかというと1秒間あたり4000件若しくはそれ以上の処理が可能になるという事。
ビットコインが10分に1回処理が行われています。
今までのNEMが1分に1回の処理なのでビットコインに比べれば格段に早いのですが、このアップデートで大幅にその速度が上がる事が分かります。
ここまでは、NEMのアップデートに付いてお話しましたが、そもそもNEMとはどんな通貨なのか?というところで今度はお話させていただきます。

NEMとは

ビットコインのブロックチェーンの技術を基に、独自のmijin(ミジン)という忍者の武器として使われる物をイメージしたものをブロックチェーンの代わりに使用されています。

mijin

その内容は、ブロックチェーンの良いところ「消えない」「改竄出来ない」ところから処理速度が早い上にイーサリアムのスマートコントラクトも採用しており、決済時に取引の詳細も分かる様になっています。さらに、ポイントサービスや投資用の不動産なんかもNEMで取引が出来るます。
NEMの総発行数は8,999,999,999XEMとなっています。
NEMを開発した時に、それに携わったおよそ1,600人の投資家に均等に分けられたので採掘(マイニング)というものがありません。
採掘(マイニング)の代わりに収穫(ハーベスト)というものがあります。
10000NEM(XEM)以上を専用のナノウォレットに入れてハーベストモードにしておけばマイニングと同じ様にお金が入ってくる様になります。 マイニングに比べ、保有していればお金が入るところも評価が出来ますね。
NEMにはトランザクション毎に、メッセージを書き込む事が出来ます。
1600人の投資家にNEMが均等に振り分けられた時、トランザクションのメッセージの書き込みは「GOOD LUCK」だったそうです。

と、色々とNEMに付いて書きましたが私ですが、前の記事でも書きましたが、ICO(Initial coin offering)の方に投資をしたので、NEMに投資をしたいところですが、今は断念していますw
今後はハーベストにも興味があるので、NEMへの投資も行っていこうと思っています。