アカウント登録と本人確認が済んだらいよいよ、仮想通貨の取引が出来ます

では、どうやって取引をするのか?

今回は、その辺を詳しくお話します。

まずは、ログイン画面から

真ん中に表示されているのが、コインチェックで取り扱っている仮想通貨と現在の相場

それと1日/時間でどれだけの変化があったのか%で分かる様になっています。

その下にある数値はビットコインを表していて

左から終値 当日の価格範囲 24時間あたり平均でどれだけ値幅が動いたのかが分かる様になっています。 株やFXをやられた方は見慣れた画面だと思います。

次に、現物取引でビットコインを売買する画面、その売買の表、それからチャット画面になります。

ここで、安く注文をして買い、高く注文して売るという作業を行います。

また、下に閉じていますが、クリックをすると日本円を証拠金にして、ロング(買い)やショート(売り)をすることができます。

下にいくと全約定履歴とビットコインのチャートが見れます。

仮想通貨はボラリティ(価値の変動が大きい状態)が高い通貨です。

上手くこれを利用すると大きな利益が得られますが逆も然りです。ご注意を!

入金

さて色々前置きがありましたが、いよいよ入金の仕方です。

取引所では入金とは、お金を取引が出来るウォレットに移す作業の事をいいます。

銀行でいうと口座に入金するのと同じ意味です。

まずは↓の画面でウォレットをクリック

日本円/USドルを入金するをクリック

左から、日本円の入金 USドルを入金 コンビニ入金 クイック入金とあります。気になる手数料はこちらです。 ※全てにおいてお金は発生します。

日本円を入金は

通常の銀行振込になります。支払うのは銀行の振込手数料だけなので手数料も一番安いのでオススメです。  ↑の指定口座に入金です。

※ユーザーIDの表記があります。入金の際、名前の前にご自分の5ケタの番号を記入して下さい。

また、名前を入力する場合もここに記載してある名義で行って下さい。

※ID名を入力し忘れた場合でも下に進むと日本円入金のお問い合わせのページがあるのでそちらで詳細を書き、送信すれば入金手続きが出来ます。

USドルを入金 (手数料約3000円取られるしオススメではない)

こちらも銀行振り込みになります。

しかし、25ドル(約3000円)の手数料を取られるためオススメはしません。

コンビニ入金(手数料は振込より高いですが便利です)

※手数料

3万円未満=756円 3万円以上~50万円=1000円 50万円以上=入金金額✕0.108%+486円

コンビニ入金を選択すると次の画面が出てくるので、項目にそって入力していきます。

※3000円からの取引になるのでご注意を!

全てを入力し終えたら決済申請をクリック

ご利用のコンビニを選択し次へをクリック

こんな感じの画面が出てくるので、第一番号と第二番号を印刷若しくは写真や紙に書くなどしておいて下さい。

あとは取扱っているコンビニの扱い方を↑の様に教えてくれるのでそれにそって作業すればOKです。

クイック入金

※手数料

3万円未満=756円 3万円以上~50万円=1000円 50万円以上=入金金額✕0.108%+486円

クイック入金を選択すると次の画面が出てくるので、項目にそって入力していきます。

※3000円からの取引になるのでご注意を!全てを入力し終えたら決済申請をクリック

あとは、コンビニ入金と同じく、所定の金融機関のATMやネットバンキングならPCやスマホでの操作となります。