いま、世界的に注目されているビットコイン。
何故、注目されているのでしょう?

世界には様々な種類の通貨が存在しています。
それぞれの国が通貨を発行し、国が通貨の価値を保証しているから
通貨を安心して使用したり、銀行に預けたりすることが出来ている訳ですが

ビットコインは国家による価値の保証を持たない通貨なのです。
また、暗号化された通貨であり、目に見えない通貨です。

目に見えないし、国の保証もない通貨が何故注目されているのか?
何故、成り立っているのか?という疑問がわいてきますよね?

最初の仮想通貨ビットコインを初め多くの仮想通貨は、法定通貨のように中央機関に依存していません。

政府や中央銀行が仮想通貨を発行しているわけではないので中央機関が供給量を任意に変動させて
価値を自由自在にコントロールするようなことはできません。

ビットコインの供給量の増え方はあらかじめ「プログラミング」されているのであとから変えることができないようになっているのです。

ビットコインが広まった背景には、ビットコインは、発行数量が決まっているので金と同じように
価値が上がっていくことが特徴としてあります。
ですので、スーパーインフレのようなことが起こらないことが特徴です。


世界に目を向けるとキプロスショックや、ユーロ危機など銀行にお金を預けていても安心が出来ない国が存在します。 中国の元を外に持ち込ませないという経済封鎖の規制も要因にあります。

そんな国々の人達が目を向けたのがビットコインであり、仮想通貨です。

しかし、価値があるのは理解出来たが、セキュリティは大丈夫なの?と思いますよね?

そう、銀行以上に保証してくれるのがそのシステムにあるので爆発的な盛り上がりとなっているのです。


そのセキュリティとして挙げられるものがブロックチェーンです。
ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークといい、中央集権(銀行など)を置かずにして
信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術です。

どんなシステムかというと、ネットを通じて行われた金融取引のデータは、特定のサーバー(金融機関のサーバー)に書き込まれ、ネット上に保管され、すべての利用者(計算するコンピューターを持っている人)が確認出来るようになります。
こうした特徴から「分散型台帳」とも呼ばれています。

そして、取引した記録は、ブロックとして連結(チェーン)されていき、ユーザーからユーザーへ渡り、つねに参加ユーザーの間で承認されて蓄積されて繋がっていきます。

承認の繰り返しで強固な証拠が出来また、あるブロックの情報を書き換えるには、他のブロックでも同時に処理を行わなければならず、これは事実上不可能とされています。

あるブロックの情報を書き換えるには、他のブロックでも同時に処理を行わなければならず、これは事実上不可能とされています。

こうした、金以上の価値を持ち、盗まれるリスクがない事から劇的に価値を持ち始めているのがビットコインでなのです。