今からでも全然間に合う、暗号通貨やICOで副収入!

仮想通貨を安全な場所に

これが記事ページだよ~~~~
「ビットコインとは」で安全性が高く、世界的に注目をあつめている理由を書きましたが、我々日本人にはまだ馴染みがなくむしろ怪しく危険なお金というイメージが先行します。そのイメージを大きくさせている原因の一つとして、日本に世界最大規模であった取引所マウント・ゴックス社の破綻という衝撃的な事件が大きいのではと思います。取引所=銀行というイメージが当時の人々にも定着していた事も事件を大きくさせた原因だといわれています。

銀行に預けるより、自分の近くに置いていた方が安全

通常、お金というものは、自分で持つよりも、国家機関である銀行に預けるのが安全ですが
ビットコインや仮想通貨では逆で自分に近い場所に置いていた方が安全です。

それは仮想通貨が国家で守られている通貨ではないためです。

 

マウント・ゴックス社の事件の真相は取引所のウォレット(銀行でいう銀行口座)に社長または社員の誰かが盗み出し多くのビットコインが抜き取られる事件となり、取引所が破綻してしまいました。

預けているお金を取引所に保管するのではなく自分の身近に置いていれば
そういった被害が起きても何の問題もなかったのです。

では、どうやったら自分の身近に置ける事が出来るのでしょうか?

それはビットコインを始め仮想通貨とは、銀行がない代わりに、公開鍵と秘密鍵(プライベートキー)というのが存在します。銀行に例えると口座番号が公開鍵。 秘密鍵が暗証番号です。この秘密鍵はお金が移動する毎に変化していきます。 ですので、銀行とはこの辺りが少し違います。

では、その公開鍵と秘密鍵の保管場所はというと、それがウォレットになります。

取引所が管理しているウォレットではなく、自分のためのウォレットを持ちましょうという事です。

ですが、一言でウォレットと言っても種類がありそれぞれに特徴を持っています。その中に取引所のウォレットと同じものまたはそれ以外のウォレットがあります。では、種類を見てみましょう

1.PCのデスクトップ上のウォレット

PCに専用のソフトウエアをインストールすることによって運用するやり方ですが、初回に全取引データのダウンロードが必要になったり、手間がかかるウォレットとして管理人は思っています。また、インターネットに繋がっている環境からハッキングされて盗難されるというリスクは否めないウォレットです。

2.オンライン上のウォレット

取引所が個人の仮想通貨アドレス、秘密鍵をまとめて管理するウォレットです。取引をする上では便利ですが、管理しているのは自分ではなく、管理会社です。マウント・ゴックス社の破綻事件が悪い例で、取引所のウォレットに入れていた方々は大きな損をされています。

インターネット上にさらされたり、管理会社に預けるといったやり方は出来るだけ避けるべきです。

3.ハードウェア上のウォレット

ウォレットで一番良いものは、仮想通貨専用の端末を利用することです。

専用端末だと必要な時にだけインターネット上に繋げ、ソレ以外であればネット上に暗号がさらされないため、盗難されることがないという訳です。

多額の仮想通貨をお持ちの方はこういった物を所持することをオススメします。

そして、我々が普段使用しているスマートフォンもセキュリティは端末ほどではありませんが同じくハードウェア上のウォレットとして利用出来ます。1のデスクトップ上のウォレットと考え方は一緒ですが、PCより手軽で便利ですね。 買い物に利用する金額を入れる等用途に応じて使い分けると便利です。

4.ペーパーウォレット

一番アナログな作りで、単純に公開鍵と秘密鍵を印刷した紙で保管するといったものですが、インターネット上に干渉させないという意味ではこれが一番です。しかし、ペーパーウォレット自体を盗まれるという事も考えられるので、自分にしか分からないパスワードで管理している専用のハードウェア端末が一番のオススメ、ウォレットになります。

以上、色々書きましたが使い方でコインの場所を利用する用途に分けて移しながら利用するというやり方が一番いいやり方だと思います。

コメントを残す

メールアドレスは公開されることはありません。

CAPTCHA