仮想通貨を数えれば、今現在で700種類を超える程あるそうです。
その中でもビットコインの次に価値があるのがEthereum(イーサリアム)です。

8月1日にハードフォークが実施され、ビットコインキャッシュが出来てから価値は3番目になりましたが、評価の点においては圧倒的にイーサリアムだと思います。取引する上の安全面など兼ねて!ビットコインキャッシュは投機目的で使われている通貨で、マイニングも殆どされていない通貨ですので個人的にはオススメしない通貨だと思っていましたが、マイニングでビットコインなみの収益が望めることからも、今後は少し注目していきます。

イーサリアムの「スマートコントラクト」とは?

話は逸れましたが、ビットコインを始め様々な仮想通貨の殆どがブロックチェーンという抜群のセキュリティに基づいたシステムを組み込んでいます。イーサリアムはこのブロックチェーンを利用して更に独自の「スマートコントラクト」というシステムをもっています。直訳すると賢い契約ですがいったいどんなものなのか?

ブロックチェーンとはマイニングをしている人々の承認が鎖の様に繋がっていって行くことでセキュリティを堅牢なものにし、確実な取引が出来る様にしていますが、イーサリアムは更にブロックチェーン上で取引の契約書を自動で書き留め誰がいつ送金を行ったか、履歴として分かる様にします。そして、その記録は永久的に残ります。ビットコインのブロックチェーンを応用して、より良質な仮想通貨であることから将来性はかなり高い仮想通貨となります。ICOでもプラットホームに使われる事が多いのもイーサリアムです。

イーサリアムのハッキング事件

しかし、そのプラットホームに使われる事で、過去に事件が起こっています。それが有名なDAOのイーサリアムハッキング事件です。
DAOというイーサリアムをプラットホームにした仮想通貨があり、この通貨のバグからハッキングされ3,641,694ETH(約65億円)が消えた事件です。

これが原因でハードフォークが仮想通貨史上初めて行われました。ハードフォークとは同じコインが分裂し、全く別のコインになることをいいます。ハードフォーク前のイーサリアムがイーサリアムクラシックです。
通貨単位は「ETH→ETC」となります。

基本的な仕組みは同じですが大きな違いは人の介入があるかないかというところです。
イーサリアムの方は、多くの企業などが出資してシステムのアップデートを含めより安全性を高める為の努力が行われていますが、イーサリアムクラシックに関しては、あくまで元々のカタチで人の手が介入されない事を重視した通貨になります。

イーサリアムのアップデート

イーサリアムは現在まで2回アップデート(ソフトフォーク)が実行されています。
イーサリアムのアップデートプランは以下のようになっています。

  1. Frontier(フロンティア)
  2. Homestead(ホームステッド)現在の状態
  3. Metropolis(メトロポリス)
  4. Serenity(セレ二ティ

と、あと2段階のアップデートが決まっています。

もちろん現在でも強力なプラットホームですが、より強力なプラットホームに進化する為にまだ2段階パワーアップがされるのです。
世界中でイーサリアムのICOが発行されているのと、アップデートが今後も行われる事からイーサリアムは期待値が高い通貨となっており、有名なトレーダーの方々の多くがイーサリアム推しな方が多いのも特徴です。

それぞれのメリットとデメリット

もちろんのこと、デメリットとメリットもあります。
イーサリアムの場合は人の手が入った事によって、中央集権に近い存在になった事がデメリット。逆にメリットは継続的なアップデートが行われ、より安全性に富んだシステムが構築されるというところです。
イーサリアムクラシックはその反対といえます。どちらもメリット・デメリットがあることから、価値はどちらも大きく下がらず今現在でも多くの取引所で取り扱わられています。