手段は色々あります。

①人から貰う
②取引所で通貨と交換する
③ビットコインATMで通貨と交換する
④採掘(マイニング)する
⑤ポイントサイトでポイントをビットコインに交換する

まず、順を追って概要部分の紹介をしていきます。
詳細はまた、別ページで詳しく書かせてもらいます。

①最も簡単な方法は人から貰うです。

ウォレットからウォレットへ送る方法ですね。

一般的な通貨だと手渡しでお金を渡せますが、ビットコインをはじめ仮想通貨は暗号化されたウォレットの中に保存されます。

携帯電話から、メールを送る間隔で送金がされます。

自分のアドレスから相手のアドレスへ送金といったイメージ)

手数料もほぼかかりません。

②取引所で通貨(円)と交換する

もっとも一般的でよく利用する方法といえば、取引所の利用です。

「外貨の交換所」をイメージして貰ったら分かりやすいと思います。

円を交換所に預け、ビットコインに交換するという流れです。

マウント・ゴックス事件以来、日本国内の規制も厳しくなり安全性も高まっています。

ここに、メジャーな取引所を載せておきます。

それぞれに特徴があり、ビットコインは何処でも取り扱わられていますが、その他の通貨については取り扱いに違いがあります。

bitFlyer(ビットフライヤー)
coincheck(コインチェック)
BITPoint(ビットポイント)
Zaif(ザイフ)
bitbank(ビットバンク)
BTCBOX(ビーティーシーボックス)
Quoine(コイン)
Lemuria(レムリア)
Kraken(クラーケン)
FISCO(フィスコ)

 

因みに私は、coinchek(コインチェック)を始めにアカウント登録して始めました。

③ビットコインATMの利用

ATMといえば、銀行に預けているお金の移動(出金、入金、振込等)に使用しますがビットコインをはじめ仮想通貨では違いがあります。

用途としては、取引所と同じく通貨を仮想通貨を交換したり、売ったりするところです。

銀行とは違い、仮想通貨には預けるといった概念が一般的ではないため、このあたりが馴染みにくいところです。

「仮想通貨を安全な場所に」で書かせて頂いていますが、仮想通貨であるビットコインは「自分のもの」と
証明するためには、より自分に近い場所に置く事が大事で、専用のウォレットに入れて大切に保管しましょう。

と、話が逸れましたが、取引所のATMは国内ではまだ馴染みがなく、都心部でないと扱っていない為、一般的ではありません。

ですが、近年の内に何処でも取引所のATMが存在する様になって来るのは間違いないでしょう。

④「台帳の整理で発掘作業を行う」

④の採掘(マイニング)は簡単に言えば、取引台帳の整理です。

ビットコインの心臓でもあるブロックチェーンという、分散型ネットワークシステムでネット上で取引台帳があり、その取引が正しく行われる為に、世界中の人々がコンピュータを使って整理をして承認を行っていきます。そして、取引の整合性が取れたら承認手数料としてビットコインを貰うという仕組みです。

フワっとした説明ですが、深く話すと長くなるのでまた、別記事に詳細は載せます。

⑤「報酬として貰ったポイントとビットコインを交換する」

現在数多くのポイントサイトが存在します。 その内容はどれも似た様なものですが

買い物や、ゲーム、保険やクレジットカードの契約などによって

貰ったポイントとビットコインを交換するという方法です。

 

以上、やり方は色々とありますが、どのやり方をするにもまずは、ウォレット(自分を証明するもの)が要りますのでご注意を!

はじめは、取引所に登録して、取引所のウォレットを利用すると良いです。

そして、後々、自分専用のウォレットを持つ事をオススメします。