マイニングに付いて前に軽く記事にしましたが、ここではどうやってマイニングを行い、利益を自分のものに出来るのかをもう少し詳しくお話をしてみようかと思います。

そこに行くにはブロックチェーンというシステムについて話をしないと辿り着けないので

まずは、ブロックチェーンについてからお話させて頂きます。

ブロックチェーンについて

国の保護を受けていない、ビットコインはブロックチェーンというシステムによって保証されて不正や盗難などの被害が起きない仕組みを形成しています。

その内容は、簡単に言うと
「第三者に取引を見てもらって取引が間違いなく行われているか確認がされている」です。

どんな仕組みかというと

考えとしてはメールの送信をイメージすると分かりやすいと思います。順をおって説明すると

1.取引情報を利用者が発信することで始まり、同時に発信元のアドレスが記録されます。

2.取引情報は同時に分散データベース(取引台帳)に送られる(インターネット上のデータベース)

3.台帳の整合性の確認を台帳の整理を行っている人(複数)に承認を貰います。

承認したブロックは細かく繋がっていき、承認がどんどん繋がっていき、書き換えるには他のブロックでも同じ書き換えをしないといけないため、改竄や盗難が不可能です。

4.発信者のアドレスから受信者のアドレスへ正しく送金されたか履歴として残る

4の時点で、送金がまだ行われていなかったりした場合でも、履歴として記録が残っているので、この情報を
受信者の方へ問い合わせる事が出来ます。

承認をされるブロックが複数存在して繋がっていく様子からブロックチェーンという名前になったそうです。

マイニングに繋がるところは、3の承認を貰うというところです。

ビットコインは円やドルの様に通貨を発行するところがありません。

取引台帳の承認を行い取引の成立を成功させた人(コンピュータ)にビットコインが発行されるというのがマイニング(採掘)という仕組みです。

それと、もう一つが取引の際に発生する手数料もマイニングの報酬となります。

演算能力が高いと有利

マイニングはPCの演算能力が高い程、効率的に行われます。

普段私達の使用しているPCでは、CPUが馴染み深いですが、更に高度な高速処理を行うGPUというものが次にあります。

高グラフィックのゲーム機やPCに備わっているものがそれにあたります。

そして、その更に上にASICというマイニングに特化したGPUがあります。

以前(まだビットコインの価値が低い頃)は個人のPCでASICをUSBに差し込んだり本格的にマザーボードの中に複数入れて、マイニング作業を行えば、電気代を支払っても利益になるだけの成果が見込まれていましたが

近年ではマイニングを行う人々が激増した事から、個人で行うマイニングでは利益が出るどころか、赤字になってしまう様になりました。(ASICは21日にセグウィット(ブロックの中に収まるデータ量を圧縮すること)が行わると利用出来なくなる事が決まったので、今となってはゴミになりますが)

この個人で行うマイニングをソロマイニングといいます。

そして、個人ではなく複数の人が大きなコンピュータがあるところに投資をして、投資した分の見返りを少しずつ貰うというものをプールマイニングといいます。

ビットコインは約10分毎にマイニング報酬が貰える様になっていますが、この当たる確率を投資することで増やしていくのです。

投資先によって、見返りがそれぞれ違いますが、私の利用しているサイトでは、約1年で投資分が帰ってくる様になっています。ですので、1年目以降は、ビットコインが徐々に増えていくという事です。

現在のビットコインの価値を見てもわかりますが、どの通貨よりも価値が高く、飛躍的に日々値上がりをしていってます。

そのビットコインを継続的、且つ効率的に手にする事がマイニングです。