広告等でご覧になった方も多いかと思いますが、ブロックチェーン時代のデジタルバンク”Bankera”です。ICOにはこちら(SpectroCoin)でアカウントを作成後購入できます。

Bankeraとは?

一部銀行業務をブロックチェーン技術を使ったソリューションをしていくようです。ブロックチェーンを使うことであらゆる手数料や確実性があがり、また今まで機会のなかった層の人たちでもビジネスチャンスを得ることができるようになりそうです。2019年前半にはバンキング機能を開始とのことなので、ICOとしては長い目で見る案件となりそうです。(上場される場合、上場の際には高騰する可能性もあります)

Bankeraのビジョン

こちら、Bankeraのサイトからの情報になりますが、

お支払

個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスの提供。また法定通貨だけでなくBitcoinEthereumDASHNEMERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応。将来的には、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入をめざしているとのことです。

ローンと預金

ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであるとのこと。当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

投資

上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしている。

完全にブロックチェーン技術を使った銀行の主要業務となってきます。こういったICOは最近多いと感じていますが、アドバイザーに「NEM.io 財団代表取締役社長」のロン・ウォンさんがいてるのが大きいですね。

Bankera配当見込み

配当の特徴としては、

バンカートークン各保有者には純取引利益分配額が利息として毎週支払われます。

ここは大きいと思います。乱高下の激しい暗号通貨の世界では、短期スパンで配当があるのは大きいです。

配当は、バンクエラの゙純取引利益の20%から構成され、毎週スマートコントラクトに送られます。その後、バンクエラのスマートコントラクトがトークン保有者にこの利益を按分します。

シミュレーションでは、もし全バンカートークンが500億で自分が100万トークン持っていたとした場合、バンクエラの1週間の純利益が1000万ユーロとした場合、200万ユーロが純取引利益分配額としてスマートコントラクトに送られます。その後所有の100万バンカーを全バンカーの500億バンカーで割った自分の所有0.002%である、およそ40ユーロに相当する仮想通貨が自分に配当されるとのことです。

Bankeraの購入方法

こちらのspectrocoinから登録すれば購入できます。