手段は色々あります。

その中でも1番効率の良い増やし方は、当たり前ですが

買い増しをすること。

期待値の高い通貨に定期的に投資を行い、投資額と同様にレートも上がっていけばその分、資産が増やせるという方法です。

実際に、5月から現在までビットコインに至っては約15万から50万までその価値を高めています。

それに並行して、ただ積み立てていくだけで多くの価値が得られます。

この方法は、現在の価値が多ければ多いほど儲かります。そして、低い価値の時にスタートしているので、もし下落しても大きく損益を出す事も防げるため、仮想通貨の投資の中では1番硬い投資方法といえます。

マイニングを始める

投資を行い、毎日の利回りと出来る点でマイニングは、買い増しの次に硬い方法といえます。

個人のソロマイニングはもはや、電気代の方が高くつきますが、ビットクラブ、ハッシュフレア、ジェネシスマイニングなど、多くのクラウドマイニングがあります。

最近では、GMOクラウド、DMMといった大手も参入が決定している事業ですので、注目度は高いビジネスプランですね。

投機を行う

いわゆる、投機の手段ですが、価値が上がった時に売り下がった時に買うというアクションを取り入れた場合、

そこにはリスクもありますが、成功すると2倍以上になる可能性があります。

確実に利益確定をしていって、安い時に多く買うというやり方を繰り返すのです。

文章で書くと非常に単純な話ですが、情報で大きく乱高下する仮想通貨ですので、そこに潜むリスクも充分に注意していないと利益を得られません。

レンディングの実施

コインチェックなどの取引所では、ご自分の仮想通貨を貸す事でその利子として利益を得る方法があります。スクリーンショット 2017 06 17 7 30 14

これはコインチェックの貸仮想通貨の年率です。

このメリットは保有している仮想通貨を貸すだけで利益となるということ。

逆にデメリットは、貸し出し中は引き出すことが出来ず、暴落したらそこからの年率計算になってしまうこと

それと、コインチェックが破綻した場合、貸し出したコインは戻って来ませんというところw

いまの仮想通貨の勢いでいけば、メリットとなる方が大きいですが、デメリットの方も考慮してこちらの方法を活用していくといいですね。

マイニングを始める

投資を行い、毎日の利回りと出来る点でマイニングは、買い増しの次に硬い方法といえます。

個人のソロマイニングはもはや、電気代の方が高くつきますが、ビットクラブハッシュフレアジェネシスマイニングなど、多くのクラウドマイニングがあります。

最近では、GMOクラウド、DMMといった大手も参入が決定している事業ですので、注目度は高いビジネスプランですね。

アービトラージの活用

上がり下がりの激しい仮想通貨ですが、それを利用して国内の取引所と世界の取引所での価値を見ながら価格差が大きく差があるところで売買を行う方法。

海外でレートが安い取引所で安く購入し、国内でレートが高い仮想通貨を高く売るという方法です。

しかし、手数料等の計算も踏まえて実行しないといけないので、無知な状態で挑むと大怪我をしてしまいます。

確実に稼げるけど、確実に負けるやり方です。

 

まとめ

投資においては、分散投資をオススメします。

分散することで利回りも分散されますが、リスクも分散される事の方が大きいからです。

さらに、現時点では価値が低い通貨が一気に暴騰するといった例はアルトコインの多い海外ではよく聞く話です。

コインの種類が多い取引所でいえば、コインチェックがオススメです。