公開は2016年の5月でざっくり言うとイーサリアムと同じ性質を持った仮想通貨です。

イーサリアムのスマートコントラクトを採用し、またイーサリアムと同じDappsというプラットホーム上で稼働しています。

ビットコインでいうブロックチェーンのイーサリアム版といったところです。

Liskはプログラミング言語「Javascript」を採用しており、コアになるDappsから一貫して採用することから、webエンジニアにとっては開発に参入しやすいのが大きな特徴です。

更に、LISKにはイーサリアムにはないサイドチェーンという特徴があります。

サイドチェーンとは

主流となるブロックチェーンの他に構築された、分散型アプリケーション上にブロックチェーンを用意し、メインとは別にプログラムコードを書いて安定性を維持させるために動作しているシステムの事を指します。

これはイーサリアムのハードフォークでの教訓を基に改良された点で、プラットホームにハッキングされ攻撃を受けた場合でも、サイドチェーンのアプリケーションで防ぐ事が出来るという仕組みです。

このサイドチェーンに契約情報とは別にプログラムコードを記述して動作させることでメインのブロックチェーンの負担が軽減され、処理能力を大幅に向上させることが出来る上、更にハッキングなど外部からの攻撃にも対応が出来る為、非常に強固なセキュリティを持つ暗号通貨といえます。

フォージング(鋳造)

マイニングと同じ意味ですが、LISKではフォージングと言います。

アルゴリズムはDPoS(Delegated Proof of Stake)です。PoS(Proof of Stake)はコインを持っている割合により承認者が決まる仕組みですが、DPoS(Delegated Proof of Stake)はコイン保有者の投票によって承認者が決まる仕組みです。

開発者やマイニングプールの運営者が儲かる仕組みですが、その分、価値が下がりにくく高騰していける見込みが裏付けされているといえます。

総発行数は決まっていませんが、半減期はあり、年々発行量が減る仕組みをとっています。

フォージングは10秒に1回行われ、報酬は5LISK。300万ブロック毎(約1年間)に1LISK減らし、最終的には報酬は1ブロック1LISKまで減少していきます。

まとめ

イーサリアムと同じDappsというプラットホームを採用し、スマートコントラクトで契約履歴も記録されます。

更にサイドチェーンでJavascriptを採用しているため、開発のし易さに加え安価での運営が可能であり

フォージング(取引台帳の承認)で特定の企業や団体でないと承認がされないため、セキュリティ面においても開発面においても強固な基盤が構築されています。

また、開発者を始め特定の企業や団体でないと承認がされないため、その分、価値が見込まれるという点は大きいところだと思います。

今年の始めで18円程度が6月で400円代になり、現在で700円代にまで上昇しているLISKのお話でした。