当初、23日に実装されるか?とネット上で噂になっていたメトロポリスですが、来月の10月9日が最速での予定日で

10月末までには実装がされるそうです。

出来れば、ディセントベットのタイミングに合わせて高騰して買いたかった(笑)

(メトロポリスが実装される事で価値が上がる見込みがあるからです)

メトロポリスとは?

以前にイーサリアムの記事を書いた時に少しふれましたが、簡単に言うと大型アップデートのことです

そう、パワーアップするって事ですね。

また、今回のアップデートでハードフォークが起こります。

イーサリアムは4段階のアップデートを予定していて、今回の「メトロポリス」は3番目にあたります。

1.フロンティア
2.ホームステッド
3.メトロポリス 
4.セレ二ティ

どんなアップデートなのか?

1.プライバシー保護強化

「zk-SNARKs」というZcashの匿名性を高める技術を導入することで、匿名性の高い取引が可能になります。

2.プログラムの簡略化

プログラムの簡略化によってスマートコントラクトが簡単にシステムやアプリに導入が可能になり、今後の多方面へ向けたアプローチが期待出来る

3.セキュリティの強化

秘密鍵を使ったウォレットアドレスをユーザー自ら決めることができるようになります。量子コンピューターハッキングに対しても強化。

4.次回セレニティーの足掛かり

コストダウンを目的として、PoWからPoSへの移行を目標としていていますが、この挟まれた部分に、メトロポリスが行われてもいます。完全にPOSになるのは次回のセレニティーですが、メトロポリスでは、スケーラビリティ問題となっているブロックの生成時間の短縮が行われます。

「Bifficuty-Bomb」というシステムの改良で、これが可能になります。

まとめ

アップデートの予定日は10月9日が最速での予定日で10月中には実装。

8月1日のビットコインと同様にハードフォークが行われる。

今回のハードフォークは3番目のメトロポリス

1.プライバシー保護強化

2.プログラムの簡略化

3.セキュリティの強化

4.次回セレニティーの足掛かり

価値の上昇は、次回のセレニティーを残してはいますが可能性は高いと思います。