コインデスクさんから一部抜粋

20日、米ワシントンD.Cで開催された「2017BLOCKCHAIN FORUM」にてCFTC(米商品先物取引委員会)の委員長クリストファー・ジャンカルロ氏のコメントに

「デジタル化されていないものの1つは規制であり、デジタル市場においてアナログは規制者である」とのコメントがあります。

中国の暗号通貨への規制が最近では取り沙汰されていますが、ジャンカルロ氏は暗号通貨に寛容な姿勢を示しているようです。

「分散型元帳とブロックチェーン技術は、当社の財務基盤の基礎となり得る」

「ブロックチェーン対応デジタルアイデンティティの実現、規制報告と監視の改善、決済プロセスの効率化、透明性の高い情報流通の可能性など、これらのイノベーションは米国の人々の利益に有益である」

との見解をみせ監視と改善の点においては、政府機関や規制当局でこの技術を利用する方法を見つけることによって、ブロックチェーンの理解を超えていかなければならないと主張した。

ブロックチェーンの技術は認めるが、規制も含め上手く利用するといった見解ですね。

また、金融市場のデジタル化による発展と投資家保護のバランスが大事だと主張し、「特定の仮想通貨に対する熱意によって、多くのリスクに対し盲目になってはいけない。」とも語った。

ビットコインがそれに当たるものだと思います。

あくまで、ブロックチェーン技術を認めているという見解ですね。

どちらにしても、閉鎖的なコメントではありませんね。

出席者には、40以上の米国政府機関に携わる人(リーダー)が、約270人集まりました。

欧州ではすでにビットコインのETN(指標連動証券)が提供されており、ビットコインの上場投資信託が実施されています。

ETF.comのCEOであるデイブ・ナディグ氏によると「2017年内には米国でビットコインのETFが提供されることを信じている。」と期待を込めたコメントが残されています。

実際に、CFTCのトップが前向きな姿勢を取っているので、今後、政府機関にから政府に呼び掛けを行い、ビットコインETF(上場投資信託)が米国で行われる可能性も充分にあると思います。