「I Owe You」の略から来ており、第三者が発行する借用証書を意味します。

企業に1万円貸した → 借用証書が手渡される → 銀行で借用証書と1万円を交換

↑基本的にこの流れをイメージされればOKです。これが暗号通貨になるので少し複雑に思えるだけです。

暗号通貨の場合はブロックチェーン上でそれが行われます。

ブロックチェーン上の証書

フワッと借用証書と書きましたが、詳しくはお金の代わりになる物という意味でお金を支払い、その代わりになる暗号通貨を買うといった意味合いです。

企業に1万円貸した → 借用証書が手渡される → 銀行で借用証書と1万円を交換

↑でいうところの、借用証書の部分が暗号通貨というイメージになります。

主な目的として、上場前の暗号通貨をビットコインを担保に交換するという事が一般的です。

ICO = 上場前のプレセール

IOU = 上場前に取引所(取り扱いをする)で買う

発行母体が、ICOとは異なりIOUでは取引所が発行し売り買いはそこでしか出来ないという事です。

勿論、ICOとは異なるため、価格もICOより高めで買う(借りる)事になります。

基本的には取引所のウォレットにその通貨の表示で入金されるので、目視で見た場合は変わりはないのですが、もし、目に見える物でで例えるなら、お金の代わりにコインの借用証書が発行されるというイメージです。

期待値が高い、暗号通貨をICOで買えなかった人などはこのIOUで求める人が最近では増えています。

IOUで有名な暗号通貨でRippleが有名です。

Rippleの専用のウォレットがありますが、あのウォレットも正しくは、IOUが使われています。

ビットコインならビットコインが入っていますがRippleにおいてはXRPという借用証書が発行されるという事です。

基本的な考え方はお金そのものですが、ビットコインは非中央集権の上に成り立っているコインなので何処にも属さない暗号通貨です。そのため、ブロックチェーン上で維持管理されています。

対して、RippleにおいてはRipple社という中央集権の上に成り立っているコインなので、Rippleが母体となります。そのRippleからXRPという借用証書が発行されて取引が出来る様になっています。

これと考え方は同じで、取引所が母体になって上場前の暗号通貨の借用証書を発行しているところがあります。

メリット・デメリット

メリット

ICOで買えなかった通貨を買うことが出来る

Hitbtcでは、上場前のトレードも行えるので、このトレードでもお金を稼ぐ事も出来る

デメリット

RippleではRipple社が破綻すればXRPの価値も崩れるのと同じで、取引所が破綻してしまったら価値が喪失してしまう。