規制が発端で、仮想通貨交換業を行うには金融庁・財務局に登録が必要となり、国内でサービスを運営している取引所はこの登録に向けての手続きを行わないといけません。

ライセンスが取得出来ない場合は最悪取引禁止に繋がる。。。。

規制の目的は

①マネーロンダリング(悪用出来ない様に資金洗浄する)

②マウント・ゴックス事件に追従する事件防止

③利用保護(安心して取引が出来る)

合計11社が正式認可業者へ

  • bitFlyer
  • ビットバンク
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • GMOコイン
  • ビットトレード
  • テックビューロ(ZAIF)
  • BTCボックス
  • ビットポイントジャパン
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • ビットバンク
  • QUOINE
  • マネーパートナーズ

※コインチェックの名前がありませんが、受理されたと公式ページで報告がありました。

この他現在17社が継続審査中となっている模様です。

取り敢えず、懸念していた取引所の使用禁止の問題は解消されましたね。