ローソク足の記事を書かせてもらった時に、レンジ相場とトレンド相場について少しふれましたが

この流れの変化を見極める事が非常に難しいところであり、見極める事が出来れば非常に凄みが持てます。

レンジ相場

レンジとは、範囲・幅といった意味を持つ言葉です。一定の範囲内の中で上下するチャートです。

分足で見ると大きな動きでも、日足で見るととても緩やかなチャートになります。

買いも売りの力が拮抗して、平均を取り合っている状態。

1日のチャートで7割がレンジ相場で残りの3割がトレンド相場といわれています。

トレンド相場

レンジ相場をブレイクし大きな上昇や下降を繰り返すチャート

分足でも日足でも動きが大きなチャートになります。

買いか、売りかどちらか強い力が開放され、大き値動きが起こる状態。

↑のレンジ相場で書きましたが、1日のチャートで3割がトレンド相場といわれているため

トレンド相場はかなり起こりにくい相場といえます。

しかし、テクニカルの面ではそれが定石ですが、ファンダメンタルズ的要素(マイナス面では国の規制・プラス面では取引所で上場など)でその内容が一気に変わります。グッドニュースであれば一気に高騰するし、バットニュースであればその逆です。

仮想通貨はこのファンダメンタルズ的要素がかなり重要です。

日々のニュースをなるべく見ておくことがとても、大切です。

レジスタンスラインとサポートライン

買いと売りの反発するラインを表しています。

レジスタンスラインが買いで出た高値を押し返す力が強いところで引いたライン

(高値で売りのヒゲの1番長いところで引きます)

サポートラインが売りで出た安値を押し返す力が強いところで引いたラインです。

(安値で買いのヒゲの1番長いところで引きます)

ジグザグしている波でお互いに打ち合いをして、売り気と買い気が多い方にチャートは動きます。

この波をイメージしてレンジ相場なのかトレンド相場なのかを判断するのですが

まずは、このレジサポラインを引く練習が非常に大事です。

パット見でこのラインがどこで反発しあっているのかを分かる様になりましょう。

下から上に抜けていくほど押し出す力が強いため、上に抜けて行く確率が増すところも覚えておきましょう。

逆も同じです。

見分け方、勝率の上げ方

↑にあるレジサポラインが非常に重要になります。

レジサポラインをブレイクしたところからが買いか売りかを判断出来るポイントとなります。

ダウ理論で解説すると、前の波の高値を更新してからになります。

さらにエリオット波動を取り入れると、更新した1波からではなく3波目に高値を更新した時点が買いとなります。

①ラインをブレイクする場所の見極め

また、ここでローソク足のヒゲに注目し、転換のシグナルが表示され、下ヒゲが長ければ長いほど買いの勢力が多いと判断出来るため、買いのエントリーとなります。

②トレンド系とオシレーター系のツールを利用する

見極める為にはツールが不可欠です。

利用するツールは主にトレンド系のツールを使用し、補助的なツールとしてオシレーター系のツールを利用します。

移動平均線

レンジ相場であればあるほど、移動平均線は一定の方向、つまり限りなく真っ直ぐに移動しています。

この方向が変わるタイミングがトレンドのシグナルとなるのですが、更に詳しく見る為に

一目均衡表ボリンジャーバンドを使用します。

一目均衡表の雲が狭く、これをぶち抜いているかの確認(大きな雲は期待値が低くなる)

下から上に突き抜けていればいるほど、順張りのエントリーシグナルとなります。

次に、ボリンジャーバンドで雲が広がりの確認

ボリンジャーバンドの雲が狭ければ狭いほど、レンジ相場であり、広がりが大きければ大きいほどトレンド相場になります。

転換する時は、ボリンジャーバンドの雲の広がりに注意しましょう。

次にオシレーター系でレンジとトレンドの違いを確認

RSIで割合の確認を行います。

60%以上は上昇トレンド

40%以下は下降トレンドと判断

最後にATRでボラリティの力の測定をします。

ボラリティとは、価格変動の度合を意味します。

これは下に下降していればボラリティが小さく、上に上昇していればボラリティが大きいと判断します。

トレンド相場に転換するのであれば、この力は非常に高くなります。

トレンド相場にはダマシがあります。

ダマシ=スポーツでいえばフェイントです。下がりトレンドと見せかけて上がりトレンドだったとかよくある話です。

ダマシを見抜く為にも必ず、①と②の手順は必要です。

もし、ダマシで逆方向に転換したとしても、予測した方向と逆に転換しつつあると、早期に見つける事も出来るので損切りも早く行えます。

あと、ツールは必ずトレンド系とオシレーター系どちらのツールも併用して確認しましょう。

固着していればいるほど、深みにハマりますのでご注意を!