POWの記事でもお話させて頂きましたが、間欠にいうとマイニング方法の違いです。

マイニングとは、取引の検証です。不正がなく正しい取引であるを事をブロックチェーン上で、いくつも検証していき、最終的に銀行を介して行われる取引と同等の取引が可能にすることです。

銀行で取引を行う事と同等の信頼を持つ為には、セキュリティの保護は非常に重要です。

その保護は取引の検証と同時に、ブロックチェーン上でマイナー(マイニングをする人)人たちに保護され、 その代償として、検証とセキュリティの強化をしてくれたマイナー(マイニングをする人)に仮想通貨が発行される仕組みになっています。

一般的によく知られているビットコインは

POW「Proof of Work」というマイニング方式を使われています。

ではPOS「proof of steak」はどんなマイニング方式?

POS

正式には、プルーフ ・オブ ・ステーク「proof of steak」と呼びます。

「保有による証明」という意味です。

保有している人がコンピュータによる計算を行う事。

マイニング方法 = 保有量+コンピュータによる計算

つまり、保有している量が多いほど、コンピュータによる計算が出来る仕組みになります。

POWの欠点である、電力問題と51%攻撃の対策として考案された方法で、更にビットコインなどPOWコインの処理速度の遅さも改善された方法です。

詳しく、お話すると

電力においては、計算能力ではなく保有量で決まるため、コンピュータの電力負荷が少ないということ。

51%攻撃も同様に、コンピュータの処理能力に依存していないため、悪意のある団体からの攻撃を受けにくくなるということ。

処理速度も、POWに比べ非常に早く、ビットコインの最大の欠点である取り引き速度の遅さの問題もPOSでは解消出来ます。

更に低スペックのパソコンでマイニングが出来るため、仮想通貨によっては持っている事でマイニングが行える通貨があるため、マイニングのし易さにおいては非常に好感が持てます。

つまり、POWの良いところをPOSは更に良くしているといえます。

しかし、デメリットも存在します。

デメリット

保有量に応じて採掘量も多くなる事が最大のデメリットといえます。

そう、増えるコインですので手放す事をしないため、デフレ化が進み、世間に広まらないコインになる

可能性を含んでしまうためです。

もし、世間に広まっていたとしても、市場の流動性が失われてしまう問題が常に付き纏います。

ICOで規制が高まる原因として、このPOSの利点である、保有量によるマイニングにあります。

その内訳は、間欠いうとネズミ講に近い状態が起きているからです。

コインを作った制作側がまず、1番儲かり、ICOで購入した人達が次に儲かります。

更に、インフレが広がり、POSコインを持つ人達が増える事で銀行の存在が危ぶまれる事が懸念されるからです。

そう、保有している事でマイニングが行われるからです。

ICOのPOSコインはその内、お互いに淘汰しあう時代が訪れる事が想像できます。

まとめ

マイニングの方法は、保有量+コンピュータによる計算です。

POWの欠点である、電力問題と51%攻撃の対策として考案された方法で、更にビットコインなどPOWコインの処理速度の遅さも改善された方法です。

更に低スペックのパソコンでマイニングが出来るため、仮想通貨によっては持っている事でマイニングが行える通貨があるため、マイニングのし易さにおいては非常に好感が持てますが

保有量に応じて採掘量も多くなる事が最大のデメリットといえます。

増えるコインですので手放す事をしないため、デフレ化が進み、世間に広まらないコインになる

可能性を含んでしまうためです。

ICOで規制が高まる原因として、このPOSの利点である、保有量によるマイニングにあります。

 

多くのコインの保有によるマイニングは、国としては非常に邪魔な存在となります。

しかし、仮想通貨は、消す事の出来ない通貨であるため、一度上場したコインは大きな利益となります。

著名なPOSコイン

イーサリアム(Ethereum)

リスク(Lisk)

ビットシェアーズ(Bitshares)

ネクスト(NXT)