間欠にいうとマイニング方法の違いです。

マイニングとは、取引の検証です。不正がなく正しい取引であるを事をブロックチェーン上で、いくつも検証していき、最終的に銀行を介して行われる取引と同等の取引が可能にすることです。

銀行で取引を行う事と同等の信頼を持つ為には、セキュリティの保護は非常に重要です。

その保護は取引の検証と同時に、ブロックチェーン上でマイナー(マイニングをする人)人たちに保護され、 その代償として、検証とセキュリティの強化をしてくれたマイナー(マイニングをする人)に仮想通貨が発行される仕組みになっています。

一般的によく知られているビットコインは

POW「Proof of Work」というマイニング方式を使われています。

POWとは

正式には、プルーフ・オブ・ワーク 「Proof of Work」と呼びます。

「仕事量の証明」という意味です。

では、どんな仕事をして証明するのか?

その方法は、コンピュータによる計算です。

マイニング方法 = コンピュータによる計算

ブロックチェーン上で、世界中のコンピュータにより取引の検証と不正やハッキングが行われないように鍵をかける作業を行われます。そして、より複雑な計算方式を完成させたコンピュータに仮想通貨が発行される仕組みです。

この仕組により、強固なセキュリティと間違いのない取引が出来るため、ビットコインの価値は今現在も上昇しています。

しかし、デメリットも存在します。

デメリット

それは、電気代です。複雑な計算をする事で多くの電力を必要とし、マイニングに参加する人数も増えていけばいくほど、競争が激しくなる一方で、電気代とマイニング量を天秤にかける事になる上、半減期という発行量が削減される周期を迎えるため、数年後にはこのバランスが崩れていく事が予想されます。

それと、51%攻撃に対しての懸念

優秀なコンピュータを並べ、1つの団体がマイニング処理が51%に達した時おきる問題で、過半数を超える事でマイニングの強みであるセキュリティと信用が失われてしまいます。

1つの団体が自在に内容を改竄したり、不正な取り引きが出来る様になってしまうためです。

ビットコインでは過去に何回かこの51%攻撃が問題になり大きく値を下げる事件がありましたが、CPUの処理能力を上げるエーシックブーストが使用出来なくするソフトフォーク、Segwitを行う事で現在はこの問題も一旦は安定し、ビットコインの価値は上昇しています。

まとめ

マイニングの方法は、コンピュータによる計算です。

世界中のコンピュータにより取引の検証と不正やハッキングが行われないように鍵をかける作業を行われます。そして、より複雑な計算方式を完成させたコンピュータに仮想通貨が発行される仕組み。

この仕組により、強固なセキュリティと間違いのない取引が出来るが、コンピュータのパワーを利用するため

電気代がかかります。電気代とマイニング量を天秤にかける事になる上、半減期という発行量が削減される周期を迎えるため、数年後にはこのバランスが崩れていく事が予想されます。

技術の発展により、この電気代の問題を消し去る事が出来るのであればPOWの魅力は非常にあがりますが、それがなければ一定期間の輝きで終わる、流れ星の様なマイニング方法といえます。

著名なPOWコイン

ビットコイン(Bitcoin)

ライトコイン(Litecoin)

モナコイン(monacoin)

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)

モネロ(Monero)

ジーキャッシュ(Zcash)