POW、POS、POIの記事では、マイニング方法の違いとお話しましたが、意味合いは少し違います。

間欠にいうとマイニングは行わず、承認する相手の合意の数になります。

正式には、プルーフ ・オブ ・コンセンサス「Proof of Consensus」と呼びます。

「合意の証明」です。

まず、POCはブロックチェーンではなく、XRP Ledgerという分散型台帳を使用しています。

XRP Ledgerとは?

意味合いとしては、ブロックチェーンに非常に似ていますが、マイニングが存在しない事が大きな特徴です。

信頼出来る相手の取引台帳へ送金し、更に信頼出来る相手側の80%以上の承認者が有効と判定した取引のみを台帳に記録して取引を行います。

承認者のリストはUNL(Unique Node List・ユニーク・ノード・リスト)というリップル社が認めた人たちの名前が記録され、誰が承認したのかが分かる仕組みになっています。

(今後は、リップル社以外の企業との提携も増えていき、様々なノードでこのUNLが形成されていく見通しです)

取引もXRP Ledger上で行う事で、取引完了までの時間が僅か、5秒から10秒で行われます。

ビットコインだと10分かかっているトランザクションの承認を数秒で完了します。

IOUの使用

IOUとは借用証書と同じ意味を持ちます。

リップルは、このIOUに含まれます。

そのため、ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨との交換手数料が安く出来る事が特徴で、IOUコインをブリッジ通貨とも呼びます。

マイニングは?

基本的にマイニングはありません。

POWのマイニングと似た感じで、「World Community Grid」と言われる、ガンなどの研究開発に貢献するとXRPがもらえるという仕組みになっています。

このマイニング量は、POWと同じくCPUのパワーで決まる様です。

社会貢献という位置付けもあるため、利益を求める人向けではないマイニング方法といえます。

社会貢献でリップルが貰えると思えば良いと思えるほどです。

デメリット

Ripple社という中央集権が破綻する事で、POCの運営が出来なくなってしまうことです。

しかし、現在、リップルにおいてはアメリカ、日本の銀行を中心に、世界各国からの投資も行われている事で非常に強力なバックアップがあります。

リップル社の管理の基にあることから中央集権で進む道もリップルは持ち合わせていますが、非中央集権になり得る可能性も同時に持ち合わせています。

今後のリップルの使われ方次第で、ここの問題は大きく変化していきそうですが、非中央集権に足を進めた先には、他の仮想通貨と同様に国の規制という大きな壁があることはPOCにおいても変わらず存在していきます。

まとめ

マイニングではなく、合意する人の数で決まる。

ブロックチェーンではなくXRP Ledgerを利用し、承認者のリストはUNL(Unique Node List・ユニーク・ノード・リスト)というリップル社が認めた人たちの名前が記録され、誰が承認したのかが分かる仕組みになっています。

IOUの利用により、ブリッジ通貨としての機能がある。

社会貢献を行えば、リップルが貰える、マイニングとは違う切り口で報酬を貰える事が出来る。

リップル社が破綻してしまったら、POCの存在が消える。

国の規制という壁は、POCにおいても脅威といえる。