16日の夕方から大きな下げ相場となっております。

https://jp.reuters.com/article/markets-bitcoin-cryptocurrencies-idJPKBN1F52XU

こちらの記事にも書かれていますが、原因は世界各国での規制が問題となっているようです。

ここで注目なのがこちらのコメント。

シンクマーケッツのチーフストラテジスト、ナイーム・アスラム氏は

「(ビットコインの)下落を招いているのは規制の問題が主因だ」と指摘した。ただ、同氏は「相当な額」のビットコインやイーサリアム、リップルを保有しているといい、「当社はスタンスを変えない。仮想通貨の完全禁止が可能だとは思えない」と述べた。

そう、主軸通貨のビットコインを始め、リップルやイーサリアムといった通貨を持つ事の意味は、通貨の未来が明るいというところにあります。

また、規制も今後、色んな形で実施はされていくと思いますが、それはネガティブというよりは、前向きな話での規制となると思います。

何故なら、国と提携して進めていく様な仮想通貨が存在するからです。

最近流行りの草コインに関しては、こういった暴落には滅法弱い面がありますので、ご注意を!

草コインに関しては、何ともコメントし難いところはありますが、未来があるコインに関しては、

暴落時は、基本的にガチホです。

また、余剰資金がある方は、ナンピンと言い、下落する相場のレジスタンスラインを狙って買い注文を段階的にする方法をオススメします。